ストリーミング配信システム構築とデジタル著作権管理(DRM)

映像配信ビジネス
ストリーミング配信システム構築とデジタル著作権管理(DRM)
映像配信ビジネスをサポート
ストリーミング配信では、H.264(mp4、MPEG-4)やOn2VP6、Sorenson Spark、ScreenVideo、MP3、AAC、WMV形式での配信に対応したストリーミングシステムの構築
状況に応じて、専用サーバを構築して運用するサービスも承ります。
更に、お客様の大切な映像素材をお預かりして、エンコード(変換作業)から動画配信設定、プレイヤー制作までをワンストップで提供することもできます。

ライブ配信

ライブ配信システム構築
ライブストリーミングによる、リアルタイム動画配信サービス。PCや スマートフォンなどのデバイスから配信構築サービス、エンコードサーバや配信サーバ環境構築します

デジタル著作権管理(DRM)

デジタル著作権管理(DRM)

 

●ストリーミング配信には必須!!不正流出をがっちりガード
インターネットでは、誰もがコンテンツにアクセスできる機会を持ち、複製や編集、改ざん、二次利用が容易にできてしまいます。
こうした時代に、権利者が安心してコンテンツをインターネットに配信できるようにするには、著作物が不正に流通しない仕組みづくりが不可欠です。
それを解決するのが、DRMテクノロジーです。インターネット上で配布する音楽や映像などのデジタルメディアを第三者に不正にコピーされないよう、コンテンツ所有者を支援します。
DRM機能は、Microsoft社の提供するWindows Media Rights ManagerやPlayReadyを採用することで、デジタルメディアの安全な配信をサポートします。
●ライセンスキーの発行で、不正コピーを防止
コンテンツを暗号化し、配信の際にライセンスキーを発行する仕組みです。このキーはコンテンツを取得したパソコンでのみ有効です。
コンテンツを視聴するには、暗号化を解読するライセンスキーが必要で、なければ、視聴はできません。
●コンテンツの視聴制限の管理も可能(再生回数、有効期限)
デジタル著作権管理のDRMでは、視聴可能有効期間や視聴回数の設定も可能、デジタルコンテンツの配信に多様性が生まれます。
期間限定でプロモーションしたい、再生回数限定で配信したいといった企画にも対応できます。
例えば、期間限定の企画でコンテンツをダウンロードして視聴したとしても企画終了時には視聴できなくなり、コンテンツを保護することが可能になります。
Windows Media DRMサービスはこのような方におすすめです。
安心,安全にデジタルコンテンツの配信をしたい!
不正コピー等による損失を無くしたい!

関連記事

コメントは利用できません。

お問合せはこちら

株式会社ソリューション・ソフト
〒538-0052
大阪市鶴見区横堤4-22-4 CR203
TEL : 06-6995-4236
FAX : 06-6995-4237
メールでのお問い合わせはこちら
業務システム・WEBシステムは、ソリューション・ソフトにおまかせください!安心価格・高品質で対応いたします。

ページ上部へ戻る